自信がないときは、あり方を疑う。

Harmonious Days

〒107-0052 東京都港区赤坂9-6-28 アルベルゴ乃木坂910

完全予約制(営業時間はご相談下さい) 定休日 / 不定休

海

自信がないときは、あり方を疑う。

成功する考え方

2016/08/13 自信がないときは、あり方を疑う。

パートナーにお願いごとや文句がある時、

 

あなたの意図と行動は、次のうち、どちらですか?

 

1.相手をコントロールしようとして伝える

 

2.引き受けてくれるかは相手の自由意思に任せつつ

お願いベースで伝えてみる

 

 

どちらが、パートナーの心を動かし、

行動に移してもらえるかは、わかりますよね。

 

たとえ、このふたつを同じ言葉で伝えたとしても、

ベースに流れる意図が違うと

受け取り手には全く違うように聞こえます。

 

きっとあなたも経験したことがあると思います。

 

 

 

また、次のうち、どちらの人から商品を買いたいと思いますか。

 

1.実際にはあなたに必要ないものを言葉巧みに、

自分の都合で売ろうとする相手

 

2.あなたの必要なものを見極め、

自社商品をあえて売らずに、他のものを提案してくれる相手

 

 

これも、答えははっきりしていると思います。

 

例え、その時必要なものがなかったとしても、

きっと必要になったときには思い出しますよね。

 

思いやりを込めて他社の製品を

進めてくれたその人のことを。

 

長期的に見て、どちらの営業マンが

注文をとれるようになるかは明白です。

 

 

大事なのは「意図」と「あり方」です。

 

 

こういうことは、賢いあなたなら

本当はわかっているはずなのに、

自分がいざ何かをやらなくてはいけないのに

自信がないとき、ついつい

間違った方向に目を向けてしまいませんか?

 

 

 

 

 

世の中にはHow Toものがあふれているし、

 

方法さえわかれば、課題をクリアできると

思ってしまいがち。

 

 

 

でも、問題の80%以上は、

実はスキルやテクニックの問題ではないのです。

 

 

 

スキルよりも、テクニックよりも、

断然大事で、尚且つ結果を左右させてしまうもの。

 

それこそが

 

「あり方」

 

だということですね。

 

 

 

何かに自信がなくなって前に進めなくなった時、

うまくいかない時は、

 

焦ってテクニックを身に着けようとせずに

 

自分を振り返り、「あり方」をチェック!

 

 

これだけでも結果は劇的に変わります。

TOP